こんにちは。今回は2018/12/14に公開となった「ドラゴンボール超 ブロリー」について書いていきます。


↑限定版のパンフレット

概要

タイトル ドラゴンボール超 ブロリー
Title Dragon Ball Super BROLY
公開日 2018.12.14
上映時間 100分
シリーズ 20作目
配給 東映・20世紀FOX

今作は劇場版ドラゴンボールとしては20作目、ドラゴンボール超としては1作目の作品となっております。そして脚本・キャラクターデザインは鳥山明先生が担当されているので劇場版ではありますが、原作に沿った忠実な作品となっております。

 

登場人物

孫悟空/カカロット
ベジータ
ゴジータ
ブロリー
パラガス
ビルス
ウイス
フリーザ
ピッコロ
ブルマ
バーダック
ギネ
ベジータ王
コルド大王
チライ
レモ

今回は多くのサイヤ人が出てきます。特に悟空の母親であるギネはアニメでは初登場です。さらに予告編でもあったようにベジータの超サイヤ人ゴット形態も初登場です。私はベジータが好きなので良かったです。この調子でさらっと超サイヤ人3のベジータも出してもらいたいです。
ちなみにチライとレモは鳥山明先生考案のキャラクターで、フリーザ軍に属しているキャラクターです。今回の物語で大きな役割を果たすいい味出してるキャラクターです。

 

ネタバレなしの感想

もう作画と迫力がとんでもなく良かったです!!!!
現在の最新技術やCGを余すことなく活用しており非常に満足できる作品でした。さらにそのCGもドラゴンボールの世界観を壊さずに活用されているので心配するどころかむしろ迫力が増しています。
私はIMAXでこの作品を観たのですがそれはそれは迫力があり、大満足でした。
今回は予告編で予め出ていたとおりゴジータが登場しました。これでゴジータブルーもベジットブルーも正史となりました。
特に印象に残ったシーンはやはりゴジータが現れるシーンです。ブロリーが出るだけでもファンサービスされているのに更にゴジータまで現れるとなるともうたまらないものがあります。
今回の作品はかなり劇場映えする作品だと思うのでぜひ劇場で見ることを強くおすすめします!

 

ネタバレありの感想

映画では最初にサイヤ人の星がフリーザに消されるシーンから始まるのですが、バーダックやベジータ王、パラガスなどのサイヤ人の暮らしの掘り下げがあるのですが、本編全体も含めてフリーザの悪の部分がかなり強調されているなと思いました。TVシリーズでは比較的第7宇宙の味方らしく振る舞っていましたが、この映画を見るとかなり悪にまた寄ったなという印象です。ドラゴンボールへの願いは可愛いものでしたが…。
また、今回で旧ブロリー映画3部作は完全にパラレル扱いとなり、ブロリー周りのストーリーはかなり変更されました。特にパラガスは性格も含めて変わったなという印象です。しかも最後にはフリーザにあっさりやられて退場するのは驚きました。
悟空とベジータがフュージョンするのに何度か失敗するのですが、そこで細型・太型ベクウが出てくるあたりはファンサービスとして非常に面白かったです。更に、過去の映画でゴジータがジャネンバを倒すのに使った技が出てくるのも最高です。ゴジータは過去の映画と性格が少し異なっており。過去の映画では比較的クールな印象でしたが今作では原作のゴテンクスのようなお調子者の性格となっていました。なので「俺は悟空でもべジータでもない。俺は貴様を倒す者だ。」というセリフが聞けなかったのは少し残念でした。また、このフュージョンの間にとある人物がブロリーにボコボコにされているのも笑えました。
ブロリーは旧作では伝説の超サイヤ人として理性を失って辺り構わず破壊する悪魔のような設定・描写でしたが、今作ではその設定が少し変わりました。今作ではブロリーは平常時は心優しい性格で戦いを好まない性格でした。そしていざ戦闘となると性格が変わって理性を失うのはブロリーは「人間状態のままサイヤ人の大猿化状態の力を引き出せる。」という設定が加わっていました。これなら急激に戦闘力が上がるのも理性を失ってしまうことにも説得力がまして、「なるほどなー」と感心しました。となるとGTでの超サイヤ人4の設定に似ているなとも思いました。
今回の映画は最初から最後まで作画がほんとに素晴らしく、日本のアニメ作画の極致を観た感があります。ドラゴンボールの映画では悟空やベジータが最初から全力で戦う、つまり今回では超サイヤ人ブルーになって戦わず、超サイヤ人や超サイヤ人ゴットなどの段階を踏んで戦うことがお約束なのですがその長い戦闘の間も作画が崩れることなく、またノーマル状態・超サイヤ人・超サイヤ人ゴット・超サイヤ人ブルーの形態ごとに演出や戦い方が異なっていて最後まで飽きさせない素晴らしい作品となっていました。ブロリー視点からの戦いの様子もあったのが印象的でした。
今作は過去の人気キャラであるブロリーやゴジータを登場させ、大迫力の作品となっています。この作品はとにかく映画館で見るのがおすすめです。映画館で観ることを強くお薦めします!

以上です。ご拝読ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA