こんにちは。今回は2019.7.19にやっと発売された、Apple傘下のブランドBeatsの「Powerbeats Pro」について書いていきます。
人気機種なのでおそらく多くのレビューが出回るので、自分視点でレビューしていきたいと思います。

Overview : 概要

商品名 Powerbeats Pro
種別 完全ワイヤレス
接続方式 Bluetooth (Class 1)
充電方式 Lightning(Fast Fuel対応)
連続再生時間 9時間(ケースを使えば24時間以上)
チップ Apple H1
価格 24800円(税抜き)

概要は他のレビューや公式サイトを見ればわかると思うのでこのへんで。私は「Powerbeats 2 Wireless」からの買い替えとなるので実に2世代のジャンプアップ。Powerbeats 2はBeats初のワイヤレスイヤホンだったのでそれからどれくらい進化しているのかチェックしていきたいと思います。

アメリカでは5月に発売となっていたPowerbeats Proですが、日本では6月発売とアナウンスされていましたが7月まで延期となり、やっと日本国内でも購入できるようになりました。私のPowerbeats 2はもうリモコンが故障して本体も接着剤で補強しているという満身創痍の状態だったのでようやく買い替えです。今までありがとう。

開封 : UnBoxing

それではまずは箱の外観からです。


今までのBeats製品の箱とは少し異なっていて高級感があり、よりApple製品の箱っぽいなといった印象です。箱自体は少しコンパクトな印象です。


中を開けるといよいよケースとご対面。丸みを帯びたボディです。コロンとしています。


ケースを開くといよいよ本体とご対面。上部には接続方法が書かれたシールが貼ってあります。


他に付属品は取説やおなじみのステッカー、代えのイヤーピース、黒のLightningケーブルです。イヤーピースは他のBeats製品と同じようにS,M,Lに加えて2段構造の外れにくいイヤーピース。LightningケーブルはiPhone付属の純正ケーブルを黒にした感じ。地味に珍しいですよね。

 

良かった点 : Good

Apple製品とのスムーズな接続・連携

一番の特徴はやはり「Apple H1」チップによるスムーズな接続と高速な切り替えでしょう。すでに発売されている、AirPodsの第2世代と同じチップを搭載しており、iPhoneやMac、iPadなどのApple製品との連携力は抜群です。
接続は以下のような画面で行われます。

iCloudアカウントで接続されているどれか1台と上記の画面で接続すれば他のデバイスでも自動で接続できます。これほんとすごい。そしてApple H1 チップのおかげでデバイスの切り替えも早いです。いちいち接続解除してペアリングモードにして……といった作業が必要ないのは本当に楽です。

装着感

このPowerbeats Proは何かとAirPodsと比較されがちですが、大きな違いはイヤーフック。これがあるおかげでランニングや満員電車でもイヤホンを落とす心配をしなくてもよいのは非常に大きなポイントです。そして完全ワイヤレスとなったおかげで、取り回しが非常に楽です。Powerbeats 2のようにコードを気にする必要がなくなったのは大きいです。
また、私はメガネを使用することもあるのですが、メガネと干渉して耳を痛めてしまうのではないかと考えていました。しかし、実際はメガネをしたままでも快適に使用できています。私の場合はすんなり装着できましたが、Powerbeats Proのイヤーフックは好きな方向に調節可能なのでメガネ使用者の方でも心配する必要はないのではないかなと思います。

スイッチ

この点もAirPodsと比較されがちな部分ですが、音量スイッチが搭載されている点も気に入っています。しかも両耳に。音量は上の細長いボタンの前で増加、後ろで減少します。一時停止は側面のBeatsのロゴのBの部分で行います。この側面のBボタンは押し込みが浅く、軽く作られているので、ボタンを押すことによる耳へのダメージは全く無いです。使用者のことをよく考えて設計されています。
音量ボタンはAirPods本体にはないのでここが差別化ポイントですね。

バッテリー

私が今まで使用していたPowerbeats 2は公称値で6時間ほどでしたが、今回のPowerbeats Proはイヤホン本体だけで9時間、ケース付きで24時間以上のバッテリー持ちです。技術の進歩を感じますよね。
通勤・通学のみで用いるなら1週間位はバッテリーが持ちそうです。それにバッテリー状況をiPhone等で細かく確認できるのもかなり嬉しいです。

 

イマイチな点 : Bad

ケースがでかい

充電も兼ねているケースですが、単純にでかいです。持ち運ぶのにポケットに入れるのはかなり困難です。頑張ればズボンのポケットに入るかもしれませんが、かなりもっこりしてしまうのでおすすめできません。ケースはバッグに入れて持ち運ぶ必要がありそうです。その点で言えば携帯性はイマイチです。

イヤーフックの柔軟性

これはPowerbeats 2との比較なのでイチャモンに近いかもしれませんが、比較するとイヤーフックの変形範囲が少し狭いかなと思います。ケースに入れる事も考えると動かせる範囲はそこまで大きくはないです。ただ、これはあくまでもPowerbeats 2と比較した場合の話で、大部分の人にはフィットするのではないかと思います。

音質

2世代前のPowerbeats 2 Wirelessとの比較ですが、音質は劇的に向上しています。私個人としては今までのワイヤレスイヤホンの中でもかなり上位の方に入るのではないかと考えられます。
音の毛色としては全体的にフラットですが、Powerbeats 2では聞こえなかった音域も拾えています。
正直音質についてはあまり得意ではないので、他のもっと耳の良い方にレビューしてもらえればと思います(笑)。

 

Powerbeats 2 Wirelessとの比較

2世代前のPowerbeats 2 Wirelessと比較すると全体的にシャープになった印象を受けます。

大きな違いとしてはイヤーフックの長さが変わった点。ドライバの形状が変わった点が挙げられます。
下の画像を見てもらえば分かりますが、イヤーチップの軸の太さがProでは細くなっています。
Powerbeats 2では軸が太くて他社製のイヤーチップを使うことは困難でしたが、今回は細くなったので他社製のものも利用しやすいと考えられます。

(左がPowerbeats 2 右がPowerbeats Pro)

 

総評

今回レビューした「Powerbeats Pro」は文句無しで完全ワイヤレスイヤホンの最高傑作の1つと言ってもいいと思います。特にAirPodsで既に示されているApple製品との連携は素晴らしく、日常使いとしては最適なのではないかと思います。現在は品薄の状況のようですが、間違いなく買って損することはないです。スポーツに耐えられる防滴仕様や落下防止にもなるイヤーフックは今まで完全ワイヤレスイヤホンを購入するのを躊躇していた人にも購入する決め手となるものではないでしょうか。
おすすめです。

以上です。ご覧いただきありがとうございました。またよろしくお願いします。

Powerbeats Pro完全ワイヤレスイヤフォン — ブラック
beats by dr.dre (2019-07-19)
売り上げランキング: 141

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA