こんにちは。今回は2018/12/25に発売となった「Re:ゼロから始める異世界生活 18」について書いていきます。

 

Overview of Re:Zero 18 (概要)

タイトル Re:ゼロから始める異世界生活 18
著者 長月達平
イラスト 大塚真一郎
出版社 MF文庫J
ページ数 324ページ
定価 648円(税込み)

前巻の17巻では都市庁舎の奪還をスバルたちが敢行しましたが魔女教大罪司教色欲担当のカペラに妨害され失敗に終わり、更にはエミリアも強欲担当のレグルスにさらわれてしまったところで終わりました。第5章も佳境に入ってきましたが18巻ではどのような展開が待っているのでしょうか。にしてもきちんと3ヶ月毎に新刊が出版されるのは読者にとってありがたいですね。

Short Story (店舗特典小説)

ゲーマーズ 「オットー・スーウェンの内政奮闘記2行目」
とらのあな 「ヨシュア・ユークリウスの油断大敵慎重二百科」
メロンブックス 「ペトラのエミリア陣営奮闘記/Page3」

Summary (あらすじ)

都市庁舎奪還作戦が失敗に終わり、一時は濁流に呑まれる水門都市プリステラ。手痛い敗北を味わい、再起を誓ったスバルだったが、大罪司教の魔の手は都市の混迷をより深く、より悪辣に増大させていく。恐怖と不安が人々の正気を奪い、都市中を彷徨うこの世にありえざる獣の存在。頼れる仲間たちと散り散りになった状況で、スバルたちは逆転の一手として、都市の人々を救うための分の悪い賭け。「英雄幻想」へと、打って出る―!「―俺の名前はナツキ・スバル。魔女教大罪司教、『怠惰』を倒した精霊使いだ」大人気Web小説、敗北と逆転の第十八幕。―背負え。彼女だけでなく、人々の英雄幻想。
(本体裏表紙より引用)

 

Story

プロローグ 「濁流」

都市庁舎入り口でクルガンと戦闘をするガーフィール。そこへアナスタシア陣営のリカードが助太刀に入るも突如襲った濁流にすべてが飲み込まれてしまう。

第一章 「敗戦処理」

レグルスにさらわれたエミリアはレグルスの妻たちの異常な様子を見る。濁流に飲み込まれ、スバルが目覚めた先はプリシラとリリアナの目の前であった。まずはキリタカ商会で他の面々と合流しようとする間、自身の右足の異常な様子と避難所にまで及ぶ魔女教大罪司教憤怒担当シリウスの権能の力を目のあたりにするのであった。そしてユリウスと合流したスバルは魔女教の新しい要求を聞かされることになる。

第二章 「騎士の条件」

ユリウスと合流したスバルはアナスタシアやフェリスらと現在拠点となっている都市庁舎にて落ち合う。そこでキリタカが行方不明になており、クルシュの容態も芳しくないことを知る。スバルはアナスタシアと魔女教の要求についてと今後の方針について話し合う。そこへアルが現れる。
その一方でレグルスの結婚式の準備が進んでいく。

第三章 「最も新しい英雄と最も古い英雄」

エミリアはレグルスの隙を突いて自分の現在位置を探る。その途中で魔女教が使用しているミーティア対話鏡を用いてアルに自分の位置、そして魔女教の位置を伝えることに成功する。また、スバルたちはシリウスの感情の共有、増幅の権能と都市庁舎に残された放送用のミーティアを生かして避難所の人々の危険を回避しようと試みる。そしてその放送を行うのはスバルが務めることに。そしてスバルは人々の英雄となることを決意する。

第四章 「歴史刻む星々」

続々と都市庁舎に合流する各陣営の人物たち。クルシュの容態と叡智の書の確認、ラインハルトの合流をもって魔女教討伐に向け班分けをすることに。強欲にはスバルとラインハルトが、憤怒にはプリシラとリリアナが、色欲にはヴィルヘルムとガーフィールが、暴食にはリカードとユリウスが向かうことになる。

第五章 「いつか好きになる人」

エミリアとレグルスの結婚式が進む中、ついにエミリアはレグルスとの結婚を拒絶する。気分を害したレグルスの剣呑な雰囲気が立ち上る中、式場にスバルとラインハルトが現れる。
一方、叡智の書の回収に向かっていたオットーは暴食の大罪司教に出会ってしまう。

Impressions (感想)

18巻はいわゆる溜め回で現状確認と今後の話し合いが多かったですが、途中のスバルの都市に向けての演説は熱かったですね。そして視点もスバルたちだけでなくエミリアの方にも向けられていて飽きないようになっていました。そしてアルの不審な様子も気になるところです。
そして地味に伏線や謎が散りばめられているのも見逃せないところです。叡智の書なんか復元されたらとんでもないことになりますよね。
最後に驚いたのが毎回恒例の次回予告が184番とレグルスだったことです。思わず笑ってしまうところでした(笑)
次のRe:ゼロから始める異世界生活 19巻は2019年3月27日発売です。同時に短編集 4巻も発売なのでお忘れなく!

以上です。ご拝読ありがとうございました。またよろしくお願いします。

Re:ゼロから始める異世界生活18 (MF文庫J)
長月 達平
KADOKAWA (2018-12-25)
売り上げランキング: 3,254

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA