第四章完結!

 

今回は2017年12月25日発売の「Re:ゼロから始める異世界生活 15」について書いていきます。

 

概要

タイトル Re:ゼロから始める異世界生活 15
著者 長月達平
イラスト 大塚真一郎
出版社 MF文庫J
ページ数 328
定価 626円(税込み)

今巻でついに第4章完結となっています。個人的にも「Re:ゼロから始める異世界生活」という作品の中で好きな場面なのでこの巻が出るのが待ち遠しかったです。

 

店舗特典小説

ゲーマーズ 書き下ろしSS「エルザとメィリィ、裏稼業姉妹暗躍日報KILL4
メロンブックス 書き下ろしSS「魔女のアフターティーパーティー」
とらのあな 書き下ろしSS「エミリア陣営大反省会」

今回のSSはすべて15巻のネタバレが含まれるため、読了後に読むことを推奨されています。その注意書きの通り、本編終了後が舞台となっています。今回のSSはすべて読むことを推奨します。本編を更に補完してくれたり、考察班には考察しがいのある内容となっているので非常に楽しく読めます。おすすめはメロンブックス特典の「魔女のアフターティーパーティー」です。もう一度いいます。メロンブックス特典は絶対にゲットしておくべきです!!これは声を大にして言いたい。考察的にも内容的にも結構衝撃的なので読んでおくことをおすすめします。あとゲーマーズ特典もなかなか本編補完度が高く、次章以降につながると思いますのでおすすめです。優先度的にはメロンブックス>>>>>ゲーマーズ>とらのあなといったところでしょうか。まあ全部読むことを推奨します。

 

近日・同時発売

2017年12月21日に第二章のコミカライズ最終巻「Re:ゼロから始める異世界生活 第二章 屋敷の一週間編 5巻」が、2017年12月25日の15巻と同日に「Re:ゼロから始める異世界生活 短編集 3巻」が発売となっています。こちらも要チェックです。
この前者のコミカライズは作画を楓月誠先生が担当しています。そして後者の「短編集3巻」もイラストは普段の大塚真一郎先生ではなく、楓月誠先生が担当なさっています。いつもとは一風違ったリゼロを楽しめます。(表紙の帯の通り、スバルが死なないし!)
また、「コミカライズ5巻」は2章本編ではなく短編のコミカライズとなっているのですが、その短編が結構「短編集3巻」と被っているので、短編の地の文とコミカライズによるイラストでより楽しめること間違い無しです!同時購入をおすすめします。

 

あらすじ

咆哮の轟くロズワール邸で、ついに激突するエルザとガーフィール。頼れる援軍に仇敵を任せ、スバルはようやくベアトリスと、待ち望んだ再会の場面へ到達する。
時を同じくして、『試練』に臨むエミリアは自らの『ありうべからざる今』と相対し、本来ならばありえなかった幸福な世界で、魔女の描く祝福に包まれる。
魔人と鬼と精霊が、商人と村娘と半獣が、そして恐るべき魔獣が入り乱れるループの中で、バラバラだった仲間たちが今、一丸となって進むべき未来を切り開く――。
「――俺の名前はナツキ・スバル。エミリア。――君だけの、騎士だ」
大人気Web小説、四章完結の第十五幕。――月下、出鱈目なステップを、君と
(本体裏表紙より引用)

 

以下ネタバレ注意

 

WEB版との比較

今巻はWEB版と照らし合わせると、第四章123B「水面に映る幸せ」~第四章蛇足「再臨」までと番外編〆「月下、出鱈目なステップ」が該当しているかと思います。なお、書籍化するにあったって改稿がなされているので上記の通りとは限りません。そもそも私のほうがミスしている可能性もあるのでご了承を。
全体的に伏線がわかりやすく、丁寧に張られているので考察もしやすくなっております。また、魔女関係も変更点があったりするので必見です。

 

感想

今巻でついに第4章が終わりました。WEB版ではかなり長い章でしたが書籍版では10巻~15巻の6冊、期間にして約1年2ヶ月ほどで綺麗にまとめられたこととその執筆速度には驚きです。さすが勤勉過ぎる長月達平先生といったところです。4章の影響からか、今巻もページ数が多くて分厚く、あとがきの文字が小さくなっております。
まずイラストについて書かせていただくと、今回の主役は何と言っても表紙にもなっているベアトリスです。4章では彼女の生い立ちが徐々に明らかになっていくのですが、そのベアトリスが救われるシーンのイラストをWEBで読んだときからずっと見たかったんです。無事イラスト化されていて嬉しかったです。

↑ベアトリスが表紙となっている3巻と15巻。表情や雰囲気も明るくなっていますね!
ここで特典に移らせていただくとメロンブックス特典は魔女のその後が描かれており、衝撃的かつ考察しがいのある内容となっているのでしつこいようですが手に入れることをおすすめしておきます。
本編ではラムVSロズワールがWEB版と異なっており、大物助っ人(物理)が加わっているのですがこれで戦いの勝敗に説得力が増したかと思います。WEB版よりも戦いの描写やバリエーションが増えて見ごたえがあります。
またメィリィが操る魔獣も種類が増えたりイラストがあったりと、魔獣使いの名前に恥じない様々な魔獣を見ることができるので敵側に対して一層の緊迫感をもって読むことができます。
あとはまあ何と言ってもベアトリスとスバルが手を取り合っていくシーンは何度読んでも好きなシーンです。書籍版でイラスト付きで読めて大変満足です。
終章も大団円で、スバルがついにあの役職・礼装へ!ということでイラスト付きで楽しめます。必見です。
今巻は第4章終幕、怒涛の展開・熱い戦いとなっていて私の中でも非常に気に入っています。第四章を振り返るとエミリア陣営の成長が大きな鍵となっており、4章の長さからも丁寧に描かれています。聖域内部の亜人たちが外を怖がっていることからリゼロの世界の内情を少し伺え、エミリア陣営の過去・成長を把握できることも物語の登場人物への感情引入・共感を強くすることができました。
(これで4章のストックできたからアニメ2期きてもいいのよ?)
次巻はついに第5章。成長した彼らがどのように動いていくのか楽しみです。
次巻「Re:ゼロから始める異世界生活 16」はあとがきによりますと2018年3月刊行予定のようです。楽しみに待ちましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

16巻はこちら

 

Re:ゼロから始める異世界生活15 (MF文庫J)
長月 達平
KADOKAWA (2017-12-25)
売り上げランキング: 53
Re:ゼロから始める異世界生活 短編集3 (MF文庫J)
長月 達平
KADOKAWA (2017-12-25)
売り上げランキング: 176
Re:ゼロから始める異世界生活 第二章 屋敷の一週間編(5)(完) (ビッグガンガンコミックス)
長月達平 楓月誠
スクウェア・エニックス (2017-12-21)
売り上げランキング: 890

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA