こんにちは。今回は「HARIO ハリオ フィルターインコーヒーボトル」についてレビューしていきます。

What’s this? : 概要

品名HARIO フィルターインコーヒーボトル FIC-70
メーカーHARIO (ハリオ)
本体価格2500円
容量650ml (5杯分)
カラーショコラブラウン・モカ・別注2色
article_pic article_pic article_pic

「ハリオ フィルターインコーヒーボトル」は水出しアイスコーヒーを手軽に作れるフィルター付きのボトルです。フィルターは何度も使えるメッシュとなっており、自宅でコーヒー豆さえあれば作れます。今年の夏は猛暑との予測も出ているので夏にピッタリの製品です。形はワインボトルのような形でデザインがいいです。ブルーボトルコーヒーが別注するのも納得です。ロゴの形にも近いです。

水出しアイスコーヒーとは?

水出しアイスコーヒーとはその名の通り、お湯ではなく冷たい水で抽出したコーヒーのことです。コールドブリューとも言います。一般のアイスコーヒーはホットコーヒーに氷を入れて作るのに対し、水出しアイスコーヒーは水から作ります。コーヒーは温度によって抽出時間が変わります。なのでホットコーヒーはお湯を入れてすぐ飲めるのに対し、水出しアイスコーヒーは一晩ほど寝かせて抽出を行います。こう書くと、なんだか時間がかかるだけで水から抽出するメリットがあまりないように感じますが、氷で冷やすか水から抽出するかで大きく味が違います。一般的に水出しアイスコーヒーは味がまろやかになり、雑味も消えスッキリとした味がします。カフェなどでは水出しアイスコーヒーがおいてあることが多いです。ドリンクバーでは氷を入れる方式が多いですね。また、酸化しにくいので何日かは保存することができます。コーヒーの飲み方の一つとして広く普及しています。

UnBoxing : 開封

article_pic article_pic article_pic article_pic

How to make cold brew : アイスコーヒーの入れ方

article_pic article_pic article_pic article_pic

Overall : まとめ

article_pic article_pic

以上です。ご覧いただきありがとうございます。またよろしくおねがいします。

参考

2019.06.21 18:00  2020.04.19 15:40