こんにちは。今回は角川コミックス・エースで連載している「けものみち」の単行本、「けものみち 4」について書いていきます。

Overview of Kemonomichi 4 : 概要

タイトル けものみち 4
原作 暁なつめ
漫画 まったくモー助、夢唄
出版社 角川コミックス・エース
話数 4話 + 番外編1話 + 小説1話
連載 月刊少年エース

なんと一時はけものみちは4巻で終了予定だったとのこと!まだ何も始まってないのにこのまま終わるなんて少し悲しかったので続くことになって嬉しいです。
次はどんな展開を見せてくれるのでしょうか?

3巻はこちら

Information : 最新情報

なんと!帯に出ている通り、「けものみち」アニメ化が決定です!

暁なつめ先生のサイトでも告知がされています。

この作品は漫画家さんの指名依頼で作られていたんですね〜。しかも次は現代学園物かなあとのこと。どんな作品を見せてくれるのでしょうか!裏話が書かれていて面白いです。
にしても4話で終了予定だったのに大逆転でアニメ化とは驚きました。アニメ化はまだ先のようですが続報に期待ですね。

Introduction : あらすじ

閑古鳥が鳴く「けものみち」を立て直せ!
姫を再びジャーマンし、パンツ丸出しにして撃退した源蔵。
しかし、相変わらずペットショップ「けものみち」は経営難であった。
この難局を乗り切るため、源蔵たちは希少種であるガルーダの捕獲に向かったのだが!?
さらに、ワケアリな狼獣人の美少女・フブキが登場。
「けものみち」にバイトとして入店することになり、初めての年下ということで張り切る花子だったが――。
(本体裏表紙より引用)

3巻はガルーダを捕獲しようとするところで終わりました。結局ガルーダを捕獲することは出来るのでしょうか!?
捕まえられたとしても若干グリフォンの響子と被るような気もしますがどうなのでしょうか?

Story : ストーリー

14話

ガルーダの親の目をごまかすためにガルーダの雛に変装しようとする源蔵。変装したは良いものの源蔵は花子と対峙しているガルーダの親にガルーダの鳴き声で指示を出したりと大暴れ。その後源蔵はガルーダの親に連れ去られてしまうが、シグレはガルーダの卵を持ち帰ることに成功する。その後、街では変異種のガルーダのニュースが流れる。

15話

ガルーダに攫われていたもとい、ガルーダとして暮らしていた源蔵はけものみちに戻ってきたものの野生に帰ってしまいおよそ人間とは言えぬものになってしまう。シグレたちは源蔵をもとに戻そうと様々なことをするのだが、全くもとに戻らない。すると今度は由緒正しき雑種犬のひろゆきがいつもの2人組の盗賊に攫われてしまう。

番外編④ アレな写真販売してます

3巻の小説をコミカライズしたもの。

16話

いきなりシグレを押し倒している源蔵。いかがわしいことが始まるのかと思いきや、シグレが狂犬病の予防接種を嫌がっているだけとのこと。ひろゆきとシグレ、そして狼に変身できるカーミラを連れて病院で予防接種を受けることに。そこでセリスから狂竜病の話を話を聞いた源蔵は自称ドラゴンハーフの花子を心配し、探すことに。やっとの思いで見つけた花子は大変なことになっていて……!?

17話

源蔵が何やら新しいけものを連れてきた様子。花子と一緒に餌を与えているとそこにシグレが。なんと橋の下で暮らしていた怪しいおっさん、アークライトさんを連れてきてしまったのであった。花子は実は自分のことを食べるつもりだったと気づいたアークライトさんは逃げ出してしまう。そこへカーミラが現れ、なんと4大公爵家の1つであるフェンリル家の令嬢を連れてきてしまう。厄介事ばかりを持ち込む源蔵たちに辟易とするシグレであったが、迷子の幼いご令嬢を放って置く事もできず、「フブキ」という名前をつけてバイトとして雇うことに!

小説 「ウチの筋肉飼いませんか?」

以前、街にヴァンパイアが現れたときに街にいた覆面男を求める少女が店の前に現れた!なんでも源蔵の筋肉だけに興味がある、筋肉フェチの変態少女であった。源蔵はなんとか追い払おうとするも少女はとてもしつこくて……!

Impressions : 感想

4巻で一番の話題はやはりアニメ化ですね。一時は打ち切りも示唆されていたこの作品ですが大逆転でアニメ化ですね!この作品のヒロインたちは可愛らしいので実際に動くところが見てみたいです!楽しみです。アニメ化は2019年だそうです。15分アニメ枠ですかね?とにかく面白い作品になることを期待しています!
さて、内容に移ろうと思います。ガルーダと戦いを繰り広げてやっとの思いでゲットしたガルーダの卵は花子に食べられてしまいました。まあ大型鳥類だと響子とかぶってしまいますからね。源蔵は鳥類の言葉を話せるようになってしまうあたりとんでもないなと思いました。しかも鳥人族の女の人を口説いてしまうあたり源蔵のモテスキルはすごいですね。コボルトの奥さんも口説いていましたし……。そして今回はたくさんのキャラクターが出てきました。セリスやいつもの狼と猫耳の盗賊や新キャラクターのフブキやアークライトさん。様々なキャラクターが出て、物語に幅が出て面白かったです。アークライトさんは流石にちょっとアレでしたけど(笑)バイトとして新加入したフブキが頑張ってけものみちにいる動物たちの世話をしているのをジークがフォローしているのはほのぼのしていて面白かったです。
また、花子が狂竜病にかかっているこのシーン。

どうみてもバイ○ハザードじゃねえか!これを見たときは笑ってしまいました(笑)
5巻はフブキは一体どうなってしまうのでしょうか。続きが楽しみです。

以上です。ご覧いただきありがとうございます。またお願いします。

5巻はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA