こんにちは。今回はまもなくアニメが放送される、注目の作品。原作であるコミックの「けものみち 5」について書いていきます。

Overview of Kemonomichi 5 : 概要

タイトル けものみち 5
原作 暁なつめ
漫画 まったくモー助、夢唄
出版社 角川コミックス・エース
話数 4話 + 番外編1話 + 小説1話
連載 月刊少年エース

「けものみち」 もついに5巻まで来ました!
4巻はこちら

Animation Information : アニメ情報

今回紹介している「けものみち」、なんと10/02から「旗揚!けものみち」というタイトルでアニメ化されます!

アニメのあらすじはこちらです

最強覆面レスラー・ケモナーマスク。
アリーナの大歓声に包まれて、宿敵MAOとの決着をつける
世界タイトルマッチのゴングが
今、鳴り響いた! はずだったのだが…

試合の最中突如リングの上から異世界に召喚された
ケモナーマスクこと柴田源蔵は、
アルテナ姫から魔王と邪悪なる魔獣の退治を言い渡される。
しかしケモノを愛する源蔵はその依頼を断固拒否!
「魔獣だって愛情を持って接してやれば、無闇に人を襲ったりしない!」

彼の真の夢は、
ケモノに囲まれてペットショップを経営することだったのだ。
源蔵はこの異世界で、輝かしい第二の人生を
スタートすることができるのか!?
(アニメ公式サイト(http://hataage-kemonomichi.com/story/)より引用)

PVやあらすじを見ても分かる通り、アニオリ要素があるようです!新しいけものみちが見られるということで非常に楽しみです。

Introduction : あらすじ

ペットショップ「けものみち」のアルバイトである狼獣人のフブキを、兄が連れ戻しに来た!
実はフブキは狼族の頂点に立つフェンリル家のご令嬢であり、家の掟である「一匹狼」という儀式を行うために街に出てきたという。その内容は「ハンターを一人で狩ること」。しかし、フブキは「けものみち」で働くうちに、街の人々に情が移って、それができなくなってしまった。源蔵は従業員であるフブキを守るために、フブキの兄に戦いを挑むのだが――!?
(本体裏表紙より引用)

前回はフブキがけものみちに馴染んだところで狼の遠吠えが聞こえたところで終わったんでしたね。あの遠吠えはなんとフブキの兄のものだったのですね!フブキはこのまま連れ去られてしまうのでしょうか?そしてけものに手を出せない源蔵は兄に勝てるのでしょうか?

Story : ストーリー

第18話

遠吠えの正体はフブキの兄だった!家の掟を完遂できないフブキに苛立った兄はフブキを連れ戻そうとする。無理やり連れ戻そうとする兄に源蔵は勝負を挑む。

第19話

”源蔵”としてではなく”ケモナーマスク”として再び兄に挑む源蔵。レスラーとして覚醒した源蔵は圧倒的パワーで兄に勝利する。そしてフブキが自力で兄に勝ったときにはフブキが自由に生きていくことを認めてくれるという条件を引き出すことに成功する。フブキは”頭”を使って兄に戦いを挑む。

第20話

結果的に「けものみち」でのバイトは認められるも一時的に家に帰ることとなったフブキ。花子は初めての後輩がいなくなってしまったことに不機嫌となる。そこで源蔵は一緒に街を見て回ることを提案する。

第21話

ハンターギルドから呼び出された源蔵。ギルドマスターからこのままではハンター資格がなくなることを知らされる。ハンター資格更新のため、源蔵はマンティコアの討伐をもってハンター資格の更新に挑む。

番外編⑤ ウチの筋肉飼いませんか?

4巻の小説のコミカライズ版です。2巻でヴァンパイア騒動のときに出てきたあの女の子が再登場します!

狩りの時間だ!

今回はしぐれの日常を源蔵たちが追跡する話です!

Impression : 感想

今回は4巻から登場したフブキがメインの5巻でした。フブキも結局はわがままで家出してきたあたり、けものみちの店員としての素質はあったのかもしれませんね(笑)。
個人的にお気に入りの点は5巻はやっぱり花子が可愛かったです。特に20話の扉絵の不機嫌になっている花子はとっても可愛らしいです。表紙も花子だったので、花子推しの人には注目の5巻です!花子が源蔵に角をにぎにぎさせていたのは面白かったです。カーミラは悔しそうにしていましたが、その後自分もやっていたのも面白かったです。
源蔵のハンターに対しての辛辣さはやはり筋金入りですね(笑)。なんでかつてハンターだったのか疑問にさえ思えてきます。そして今回、源蔵がボケるのではなくツッコミに入るシーンもあったのもまた笑えました。魔獣が絡むとやはりすごい力を発揮しますね!
ここで話は変わりますが、皆さんは「けものみち」の女キャラでは誰が好きですか?今回、マンティコアという魅力的なキャラも出てきたわけですが、この作品、意外と女キャラが豊富でしかも魅力的です。私はやっぱり花子推しですが、他の人はどうなんでしょうか?気になるところです。
今後アニメも放送される「けものみち」。今後の展開には目を離せません!

以上です。お読みいただきありがとうございます。またよろしくお願いします。

けものみち(5) (角川コミックス・エース)
まったくモー助 夢唄
KADOKAWA (2019-09-25)
売り上げランキング: 2,580

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA